「健康・栄養・病気」カテゴリーアーカイブ

腰痛への秘技!その② オリジナルアプローチ術をお教えします(^^)

前回に引き続き、治療家ではないですが、整体師、スポーツトレーナーとして独自の目線で腰痛についてお話ししていきます。

腰痛には慢性と急性があると、前回もご紹介しましたが、慢性的な腰痛は整体師として筋肉のほぐしや、ストレッチなどで緩めることである程度緩和されると思います

しかしながら、急性の場合、きっかけは何か?ご自身で把握されていると思いますので、整形外科か接骨院などで診察を依頼することをおすすめします。腰椎椎間板ヘルニアやすべり症、ぎっくり腰などは、下手に整体院などで施術すると、逆に激痛を呼び起こすこともありますので注意してください。

さて、前回は反り腰についての痛みを少し紹介しましたが、女性は特に気を付けてください。ヒールの高い靴などを履く場合、かかとがあがるので、身体は前傾になります。そのバランスとるために、腰をおこして真っすぐな体勢を作ろうとすると、より腰が反ることがあります。

たまには前後屈や側屈、腰を回すなど自力で緊張を解くことを取り入れてみてください。ポイントは疲れや痛みがでてからする人が多いですが、痛む前からやることです。痛みだしてからだと動かせる範囲が小さくなります。

イチロー選手などはすごいなぁと思いますが、常にストレッチをしています。試合中でもネクストバッターズサークルや、守備でポジションについている時に、時間を見つけてはストレッチをされています。

コリやハリは、何もないところでは起きません。何か原因があり、筋肉に緊張が走ることがある程度の時間続くことで起こります。そうすると、緊張から解放された時間が多くなることで、徐々に解消されていくと考えられます。

本日は反り腰とは逆に背中が丸くなっておこる腰痛についてです。これも結構多いと思います。(^^;)

imagesxh5qtait

オフィスでのデスクワークが増えてから、このパターンが非常に多いと思います。パソコン画面を覗きこんだり、字を書くときなどは腰を丸めてしまう方が多いですね。

そしてこの座り方が長く続くと、この体制が自然になってしまい、たまに背筋を伸ばすと腰椎につまりや痛みを感じます。

この時大切なポイントは坐骨でしっかり座ることです。そして坐骨に股関節がありますが、股関節にある脚の付け根に大腰筋という腰の筋肉がつきます。この筋肉の負担を減らすことが肝心です。

images

ちなみに坐骨とは、骨盤の下につく、図で丸く2つの穴が開いている骨です。この坐骨の下先を坐骨結節といいますが、ここをしっかり椅子に設置させてから腰を起こす座り方を心がけてください。

大腰筋は腰の腰椎の1~5番まで付いていて、骨盤の前を通り大腿骨につきます。前側で引っ張られて腰が丸まっているので、緩めるには後ろに反らすように伸ばしてあげる必要があります。

images

ここでもう一つ、大腰筋のついている腰椎の1番から5番までの骨の際をダイレクトにほぐすと意外とスッキリします。これに関してはセラピストにしてもらうしかないかも知れません(^^;)

椎骨と椎骨を結ぶ筋肉に棘筋というものがあり、ここを緩めることで、もう一段階、痛みが緩和されることがあります。

整体院などかかりつけがありましたら、相談されてみてください。もし分かりづらいことなどあれば、コメントを頂くか、アリーザレクトのサイトからお問合せください(^^)/

アリーザレクトのサイトはこちらからどうぞ

腰痛への秘技!その① オリジナルアプローチ術をお教えします(^^)

本日はセラピストとしての内容です。この記事を見た方、同業者はラッキーですよ~(笑)

これまで整体師としてのお客様で腰痛の悩みと、パーソナルトレーナーをしていて頂く腰痛のお悩み、ここにとても違いを感じます。でも腰痛をお持ちの方が本当に多いこと、多いこと・・・(;^ω^)

まず、運動をされている方は、急性が多いこと、どこが痛いかの部位が具体的なこと、何をして痛みを感じ始めたかが分かっていることが多く、非常に具体的なアドバイスを差し上げることが出来ます。もちろん回復も早く、早期に対処を講じれば解決も早いです。

一方、運動をされていない方は、慢性的な痛みが多く、どこが痛いのかよく分からない方が多いです。基本的に痛みはず~っとあるらしく、それが我慢できなくなってくると、相談にいらっしゃるといった感じなので、まぁ、解決することは少ないです。多少楽にはなるでしょうが・・・

私は解剖生理学・スポーツ理論などを学んではおりますが、治療家ではありませんので、「治す」ことはできませんし、治そうとすることもありません。ただ、お話しを伺い、触れてみた感触で、さまざまな手技駆使して主訴にアプローチしていくだけです。

なので、これをやれば治る!とか無責任なことは言えませんので、そこはご了承下さい(^^;)

私も駆け出しの頃は、さまざまな悩みを頂戴しながら、満足させきれない自分を情けなく思うことが多かったです。たくさんの文献やDVD、WEB検索から得た情報と、とにかく繰り返し行った練習といった実践。そうして培ってきたオリジナル理論と手技手法での解決策を紹介したいと思います。

そういえば・・・私も解決策に悩みながら、藁をもすがる思いでWEB検索や動画、DVDなど必死で見ましたが、良質な情報の少ないこと・・・

最終的に物販に繋がるか、メアド情報取られてメルマガ漬けになるか・・・まぁ、ビジネスでしょうから仕方ないところもありますが、振り回されることも多かったです。これも含めて学びでしたね(^_-)-☆

私はそのようなことをする気はありません。逆に試して質問いただいたり、実践後の感想など頂ければ、セラピストの方でも腰痛をお持ちの方でも、困っている人の為になるのであれば幸いです。

images

まず、腰の痛みの場所がどこにあるのかを把握する必要があります。

胸椎11番辺りの浮遊肋骨周辺か?脊柱起立筋(最長筋)の腰部で脇腹よりなのか?お尻の骨の上部(腸骨稜)と腰部の境目辺りが痛いのか?どこに痛みを強く感じるでしょうか?

ちなみにヘルニア・すべり症・ぎっくり腰、坐骨神経痛などは発症していないことを前提としたいと思います。触れる程度で痛みのある場合、治療家でないセラピストは絶対に施術を始めてはいけません。

ケースをあげればきりがないくらい、腰のトラブルは原因が多いです。腰が痛いと相談してきた方に、腰を揉み解すしか考えが思いつかない方は要注意です。解決しないことが多いですよ(;^ω^)

今日はまず通常の一般的に腰が痛い場合の対応です。

腰痛がおきている方の腰を見て、女性に多いですが反りが強い方。通常は腰部に掌を当てて、手一枚分の反りであることが望ましいのですが、それ以上に反っている時に起きている場合が多くあります。

この時チェックしたいのは首と臀部。首はストレート気味になっている人が多く、臀部も硬くなっていることが多いです。

ストレートネックは腰からの反りが強い分、身体を真っすぐを保つために顎を引いて姿勢を保つことが多いからですね。また腰が必要以上前に入っているという事は臀部やハムストリングスも引っ張られ、張りが出ていることが多いからです。

さらには骨盤も前傾することが多いので、臀部から腰部が緊張から硬くなるため、臀部にもアプローチします。気にしておくべき筋肉の一番は中殿筋といったお尻の筋肉ですね。

そしてポイントは臀部をカエル脚状態にして、真上から圧迫し少し伸ばすこととで、骨盤を若干後傾させ腰椎の反りも少し改善することが大切です。

d0b64abbfae1678b4a9d03a93f60e9b6

写真お借りしました。こんな感じがカエル脚です。写真をお借りしておいてなんですが・・・もう少し脚を高い位置に持って行きたいです(;^ω^)

脚を曲げた方の臀部を真上から圧迫です。また、この体制にしてさらに中殿筋にアプローチすると脚を伸ばしている時よりも深く入ります。

一度試してみましょう。キーワードはカエル脚での臀部ほぐしです。そしてハムストリングス(モモ裏)をほぐし、首周りを緩めましょう(^^)/

今日はここまでにします。その②もお楽しみにしてください。

アリーザレクトのサイトはこちらから。

健康とサプリメントの関係(^_^)

「健康」というと身体の状態を想像することが多いでしょうか?中国では4字熟語「健体康心」というものがあり、身体とともに心も良い状態で初めて健康と言えるそうです。

「病は気から」とも言いますが、心配などからくる心の不健康が体調不良を招くこともよくありますし、精神が肉体を凌駕する!なんて強い意志や思いなどが、病気やケガをはねのけることもあります。いずれにしても心と体には密接な関係があります。

うまく心身をコントロールして日々生活していきたいものですが、仕事や人間関係などストレス社会で生活していると、否が応でもバランスを崩してしまうといったことも多々あります。

皆さんはどんな方法で調整しますか?テレビなどでも健康ブームですから色んな情報が落ちてますが、元気を出そうと甘いものを食べたり、エナジードリンクや滋養強壮剤、またはお薬などで一時しのぎをしたりする方も多いのではないでしょうか?

急を要するときには薬などをもって、一気に良くしたいとも思いますよね(;^ω^) でも、できれば日々の心がけで好調をキープしたいものです。

gahag-003-5812-925

ここで確認しておきたいのは、身体は日々の食事からできていて、どのような栄養素を摂っているかで調子が整えられるということです。

ですが、現代では外食が増えたこと、収穫される野菜などは年中収穫でき旬もなくなってきていること、見た目や食べやすさが重視され、食物がもつ本来の栄養価が下がってしまっていると言われています。

それらを補うためにサプリメントがあります。サプリメントは栄養補助食品で、主として食べる食事を補うためにあるもので、薬ではありません。また、サプリメントは主食にはなりません。

よくサプリメントの話をすると、「何に効くの?」と尋ねられますが、何にも効きません(^^;)

逆に速攻で効き目があるもの。。。これは薬です。ただ、薬では良くはなりません。語弊があるかも知れませんが、辛い症状を緩和させるなど、ごまかしたりブロックすることはできても、根本的な解決ではないです。

栄養素が持つ効果が見えるのは、身体が新陳代謝で創り返られるころに「そういえば・・・」っていうレベルです。最低でも4か月以上は様子を見るべきです。

身体は内側から創って、外側からめくれて排泄されます。急に外側から取り入れたもので効果効能を期待するのは、絆創膏と同じ感覚です。

images582ud8qa

食事からとる栄養と、食事からでは摂りきれない栄養素をサプリメントで補い、すべての資本である健康的な身体を手に入れましょう(^^)/

忙しいビジネスパーソン向けに、企業内で聞ける栄養や食事に関してのセミナーはこちらから。

元気・病気・・・「気」って何だろう?

健康に対して心身両方の充実が大切ですね。病気と元気、この相反する言葉に使われる「気」についてお話しします。

 

「気」の考え方は古く中国(中医)にあります。病気の原因という「病因」は体外原因の「外感」と体内原因の「内傷」に2分する考えが多く使われていました。詳細は割愛させていただきます。えっ?よく分からない?では少しだけ…

 

「外感」…六淫・外傷・疫痢・寄生虫など。

「内傷」…精神素因(七情)・生活素因(飲食)・内生素因(痰飲)・体質素因(偏熱)など。

800__byouin

って、難しそうですよね?よって、割愛します(;^ω^)

 

漢方では病気の発生を「正気」が「邪気」に負けたことからなるとみて、正気の充実を非常に重要と考えています。

images

「正気」とは人体の機能活動(臓腑・経絡・気血水)、自然治癒力など生命力のすべてを指します。「邪気」は生命力を阻害して、病気を引き起こす原因ですね。

 

アリーザレクトのBody Care「復」は、まさにみなさんの「正気」が優位になるように、まずは身体の経絡・経穴(つぼ)を刺激し、人体機能活動や自然治癒力を高める事を目的としています。いろんな「予防」の位置づけになります。まだ、体感されていない方は楽しみにしてください!毎月5社の無料体験を実施しております!

詳しくはこちらからどうぞ(^^)/

必見!夏バテ予防対策(^_^)v

夏バテ予防はもちろん、ダイエットにも欠かせないのが水分補給です。
ご存知のとおり(?)人間の身体のおよそ60%は水分でできており、特別に汗をかかなくても通常の生活で一日2.5リットル程の水分が排泄されています。そのため食事以外から日々1.5リットル以上の水分補給が一般的に必要とされています。
目安は体重×0.04リットルの水分摂取を目標とし、2/3は純粋なお水がおすすめです。身体の水分が不足すると、血液がドロドロになり、脱水症状を起こしてしまいます。
◉水分補給のコツ
大量の汗をかく夏は、特にこまめな水分補給が必要。上手な水分補給のコツは、のどがカラカラに渇く前に補給することです。純粋な水は身体への吸収が早いため、ビールやジュースのように一度に多く飲めません。また、血液を薄めてしまう可能性もありますので、のどが乾いてからのガブ飲みは逆に夏バテにつながります。
◉夏の水分補給でNG飲み物
夏は糖質を過剰摂取しがち。水分補給に甘いジュース類は夏バテ予防にも、ダイエットにもNGです。
味のついた飲み物が欲しい方が多いと思いますが、ほどほどにしてカラダに優しい常温のお水をこまめに摂ってくださいね(^_-)-☆

健康な身体ってどんな身体?

2回目の投稿から随分と空いてしまいました。本当は定期的に継続したいのですが・・・

さて、健康についてですが、健康ってどんな状態だと思いますか?少し考えてみてください。ある人は、私は病気じゃない!だから健康だ!と言っていました。

 

確かに!・・・でも、ちょっと足りない気がします。健康という字は「健やか」と「康らか」と書き、中国では「健体康心」という言葉があります。体と心の両方を指しており、決して身体だけのことではないのですね。心身ともに充実した状態が健康と言えます。

 

身体が元気で心が晴れている状態が良く、ポジティブな言葉が出てくる感じが良さそうですよね!「嬉しい!」「楽しい!」「美味しい!」「気持ちいい!」なんて明るく笑えるような雰囲気をイメージしてみてください。

普段あまり考えませんが、体よりも心が健全でないと明るく笑えません!つまり健康って多くは心が支配しているのかも知れませんね。

WHO(世界保健機関)では、快眠快便まで含まれてます。いや、でもわかるなぁ。。。つまりは生きてる上でのストレスフリー状態ですね。みなさんはどうでしょう??

血糖値を上げない!

太る、太らないは意外かも知れませんが、脂質ではなく糖質に要注意です!

食事をする際に、食べる食品によって血糖値の上がり方が違い、この上がり方でエネルギーとして消費されるか脂肪として蓄えられるかが判断されてしまうので気を付けたいところです。

そこで、食後に血糖値を急激に上げない食材として、低GI値食品を紹介します。ちなみにGI値とは血糖値の上がるスピードを数値化したもので、ブドウ糖の数値を100とした基準でさまざまな食品が数値化されています。

<低GIおすすめ食品>

主食・・・玄米、全粒粉パン、そば 野菜・・・玉ねぎ、トマト、大根、ブロッコリー、豆類(大豆、豆腐、納豆)

<高GIのNG食品>

主食・・・白米、うどん、もち、中華麺 野菜・・・ジャガイモ(芋類)、にんじん

いかがでしょう?太らないためには高カロリーに気を付けるだけではなく、急激に血糖値を上げないことが重要です。ゆっくりと咀嚼して低GI値の食品を選ぶように心がけましょう!