「トレーニング・筋トレ・運動」カテゴリーアーカイブ

従業員向け、社内フィットネスで健康増進(^^♪

夏も終わりに近づき、色々な「秋」を迎えます。

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋・・・もっといろいろ言いそうです。是非、「秋」というフレーズに乗っかって、独自の秋を作ってみるのも良いですね(^_-)-☆

「夏バテ」などとも言いますが、暑い夏が終わると何かを始めやすい気候になるということだと思います。始めやすい秋にスタートして習慣づけたら、寒い冬でも継続できるようになります。

年内何かを続けることができれば、来年の目標づくりもできそうですね。行動の変化が意識を変え、意識の変化がさらに行動を進化させます。何かを始めることはワクワクしますよね。ワクワクは心にとって最高の栄養です(^^)

アリーザレクトでは、もちろん健康維持増進に繋がるものをおすすめします。なぜか?何をするにおいても健康がすべての土台になるものだからです。そして健康のすすめで一番取組んで頂きたいのは運動やスポーツです。

無題

お仕事をされてる方は健康診断が義務付けられており、年齢に応じて多少検査内容が異なりますが、健康状態を調べますね。

今年からは新たにストレスチェックが義務化(従業員50名以上の企業対象)され、メンタル的な心の健康診断も必要となりました。前回、キラーストレスについても触れましたが、こちらも侮れません。

健康診断の結果を見て、良ければよいのですが・・・悪ければ「やばいんじゃないの?」と言うだけで、良くするためにどうすれば良いかがわかりません。恐らく、お医者さまに相談しても、しっかり栄養摂って、適度に運動して・・・としか言われないと思います(;^ω^)

まぁ、そうなんですが・・・学生時代の体育以外に運動したことがない方にとって、適度な運動ほど難しいことはないですね。こう言われて思いつくのがフィットネスクラブに入ること。

最初はマシンの使い方など教わって、頑張ろうと思うのですが、何回か行ってみても効果が見えず・・・結局お風呂だけ利用しているという人はたくさんいます(´・ω・`)

今では「健康経営」という言葉も随分と浸透し、企業が従業員の健診結果に対して対策を講じることも増えてきました。社内イベントでマラソンを実施するなど。

それでも急にはできません。ブランクある人にとっては辛い運動ですね。定期的に行えて、天候に左右されない社内でのフィットネスは、従業員同士のコミュニケーションの活性化にもつながり、従業員にも企業にもプラス面が多いです。

通いになると、色々と理由をつけていかなくなります。さらに、行こうとして行けない・・・これが2回ほど続くと、もう幽霊会員一直線です。フィットネスクラブにとっては優良会員かもしれませんが(^^♪

誰もが始めるには低いハードルから始めたいですよね。企業向け 訪問型フィットネスはこちらからご検討ください。

 

加圧トレーニングの効果

企業向けに、訪問型マッサージ・訪問型フィットネスを提案しておりますが、マッサージや整体はもちろん1対1で行います。フィットネスはインストラクターの指導の下、複数名で一斉に実施します。

これまで運動から遠ざかっている方にとって、急にフィットネスにチャレンジしても、辛いものになるかも知れません(^^;)

モノには順序が必要で、例えば病気で食欲が落ち、痩せてしまった人が少し回復してきたからといって、体力つけるためにガッツリ肉を食べよう!なんて勧めても、とても受けつけられないでしょう。

まずはおもゆ、お粥といった消化の良いものを食べて、胃腸を慣らしてから、少しずつ栄養を上げていくことが大切です。

身体づくりも一緒で、運動から何年も遠ざかった人にとっては、生活レベルでの活動を超えたものは、身体にとって負担が大きいのです。ちょっとしたことで肉離れや捻挫、関節痛、筋肉痛などをおこします。

でも、昔やったことある!とかで、以前のように動けるはずと張り切ってやると、事故に繋がります。マラソンをしたい方はまずは入念な準備運動をして、ウォーキングから始めなければなりません。

写真 (6)

運動には、激しいスポーツもあれば、ゆったりしたものもありますが、いずれにしても動くにはある程度の筋力(筋肉)が必要です。

私も運動から15年程離れていたので、改めて身体づくりを始めるにあたって、妻からの助言もあり加圧トレーニングを取り入れました。

加圧トレーニングは著名人でタレントのヒロミさんや藤原紀香さんがやられていると有名ですが、イメージでは腕や脚を縛って血流コントロールすることで、ウエイトトレーニング程の辛い、苦しい思いをしないで、楽々鍛えられると思っていました。

実際やってみると、ちゃんとやるととてもキツイ、痛いトレーニング・・・(;^ω^)・・・って言ったら皆さんやりたくないか。

でも本音で、よく加圧トレーニング店などの写真でスリムな女性がニコニコ余裕な顔してやれるものではありません。

それでも自分は開始から3か月程で非常に効果を感じ、これは知り合いにも教えてあげたい!なんて思って・・・まさかのトレーナーになってしまいました。

加圧ベルト

加圧トレーニングは非常に良い効果がたくさんありますが、色々と書かれているものも多いですが、ポイントは3つの凄さがあります。

1、血管の弾力が蘇る!

これに関しては目に見えるものではないですが、血液を血管内にプールさせてトレーニングを行うので、血管が血で膨らんだり、しぼんだりします。そうすると血管の内壁についた血中脂肪や血栓なども剥がれ、血管に弾力がでて強くなります。

最近では脳や心臓の病気が多く、血管のトラブルが原因です。なかなか血管を鍛えることなんてできません。血管年齢というものもあります。見えないものだからこそ予防が必要です。

2、成長ホルモンの大量分泌

加圧本部の発表では通常時の290倍なんて言われてますが、その数値がどうかは別として、たくさん出ることは間違いないことです。25歳くらいを過ぎると、寝ている時くらいしか成長ホルモンは分泌されません。

成長ホルモンは体内の3大栄養素の分解や代謝を助けたり、脂肪を燃焼させる効果や組織の再生を早めます。ケガなども回復が早いので、リハビリなどでもよくつかわれています。

3.速筋と遅筋の両方を1度に鍛えられる

速筋とは瞬発筋のことで、魚でいうところの白身的な筋肉をさし、鯛やヒラメのようにじっとしていても、危険が迫るとビュッと逃げるスピードは短距離ランナーのような筋肉です。

逆に遅筋というのは赤身で例えられ、マグロやカツオのような回遊魚の長時間ゆったりと動き続けるマラソンランナーのような筋肉です。通常これらば別のトレーニングを必要としますが、1度に鍛えられるのが加圧の特長です。

血流をコントロールしながら行う加圧トレーニングはウエイトトレーニングのような重いものは使わず、軽いものでも重いものを持ってる感覚になるように脳をだまして鍛えるトレーニングです。

これだけがすべてではないでしょうが、うまく取り入れながらやれれば、すごく早く動ける身体づくりができますよ。

お試しになりたい方はこちらから!

ビジネスにおける見た目の印象 ~メラビアンの法則~

とあるメルマガで、こんな記述を見つけました。

性格は顔に出る。それ以上に本音は仕草に出る。。。(;^ω^)

人は声に出ていない、あなたのメッセージを知らないうちに受け取っている。誠意をもって相手の為になると思って話をしていると、その思いが相手に通じる。以下を見直してみましょう。

  1. 生活は体型に出る。
  2. 本音は仕草に出る。
  3. 感情は声に出る。
  4. 美意識は爪に出る。
  5. 清潔感は髪に出る。
  6. 落ち着きの無さは足に出る。

なるほど~。と納得してしまいました。色々これまでお会いした人との印象をなぞってみると、確かに!!って感じます。

ただ、これらを意識的にテコ入れして良いように見せかけても、何となく上っ面な気がしてしまうのは、私だけでしょうか?(´・ω・`)

確かに気にしないより、気にした方がプラスなことがありそうです。でも、結局のところ付き合っていくうちに、色々とメッキがはがれていきそうな・・・

アリーザレクトでは、いかに内面から変化できるか?を考えています。従業員が健康的な身体を得るために、まずは社内マッサージをして、次に運動をしながら身体づくりをすることは、ただ単に健康を意識するだけではなく、内からエナジーを発するようになって頂くことを目指しています。

人間の身体はバウムクーヘンと似ていて、内からできて、外側からペロペロと剥けていく感じです。外からの張りぼてでは無いということです。

芯からしっかりしてくると、エネルギーに満ち、安定感も出てきます。少し筋肉がつくと背筋も伸び、シルエットの変化から自信も出てきます。自信が出ると表情も声もたたずまいも変化します。これらによって、社内・社外で会う人の反応が変わります。

急に変化は起きませんので、まずは意識的に気を付けて生活することは大切でしょう。でも、それだけを続けるにはいずれ自分が偽ってるようで辛くなるでしょう。

仕事に筋肉は必要です。例えではなく、本当に筋トレは必要です。力強く働くには、力強い身体を手に入れましょう!身体の芯から変化をさせて、ビジネスボディに変身しましょう。

ビジネスボディに変身する!詳細はこちらから。

オフィスでフィットネス(^^♪・・・の準備?

日本女子卓球団体!銅メダル!おめでとうございます!(^_^)v 皆んな大人になって・・・って、オジサンになったなぁ。本当は決勝の舞台に行きたかったでしょうけど、銅メダルの戦い、とても感動しました!ありがとう!!

さて、社内でフィットネスを推奨するって、意外な感じですか?オリンピックを見ていると、アスリートもトッププロでない限り、会社に勤めながらスポーツにも全力な人がたくさんいるんだろうなぁと思います。職場でも従業員の健康や運動に理解を示す会社が増えると良いなと考えます。

「健康経営」(健康経営研究会の登録商標です)という言葉が広まってくる中、従業員の健康管理を積極的に行う企業が増えつつあります。健康診断からのデータヘルスの他によくあるものでは朝のラジオ体操や、社内マラソンイベントなどです。

その取組みはさまざまですが、運動を取り入れている企業では、オフィスにおいてデスクの椅子代わりにバランスボールを入れている会社などもあります。

企業も工夫をしながら取組んでいるでしょうが、これまで運動から遠ざかっているスタッフからしてみると急な活動は息切れしてしまうこともあるかも知れませんね。ただ、人間も動物です。会社で準備してくれるものがあるなら、楽しみながら参加したいですよね。運動会で転んでしまう大人にならないためにも個人でもやれることから取り組みましょう。

アリーザレクトでは、仕事に集中できる身体づくり「ビジネスボディメイク」をお勧めしており、まずBody Care「復」では企業向け出張マッサージやストレッチなどで個々の身体の状態をチェックし、次の段階のBody Active「創」では、出張でフィットネスインストラクターが運動指導をしています。

しかしながら、身体の調子を整えてから、順序立てて運動をするというプログラムを入れている企業はまだまだないかと思います。・・・とするなら、事前準備として、個人で少し身体づくりをしていくと良いですね(^^)/

運動を始めるなら、自宅でできる簡単な運動で簡単なものから取り入れてみましょう!

1.プッシュアップ

imagesVWM4WJHL

腕立て伏せのことですが、勘違いしやすいのは「腕」ではなく「胸」のトレーニングです。バスケットボールのチェストパスをイメージして、胸から押し返しましょう!初めは辛いので、膝をついてやってみましょう(^_-)-☆

2.クランチ

imagesDM01GLN4

腹筋には色々な種類がありますが、クランチは腹筋でも上部のみぞおち辺りに良く効きます。脚を90度に曲げて椅子や台に乗せることがポイントです。

3.スクワット

無 題

肩幅くらいに脚を広げて、膝が90度曲がる位置までしゃがみます。お尻を後ろに突き出す感じにして、つま先より前に膝が出ないようにしゃがむと膝を痛めません。太ももの前側に良く効きます。

以上の3つは基本の代表的なトレーニングです。トレーニングの基本は大きい筋肉から鍛えます。一番大きい筋肉は太ももで身体の約半分の筋肉量があると言われています。太ももがしっかりすると代謝が上がり、痩せやすい身体づくりができますよ。是非お試しください(^_^)v

仕事へ集中できる身体づくり「ビジネスボディメイク」の詳細はこちら

どんな人も、筋トレが必要!

夏も後半に突入しました。まだまだ暑いので、昨日もお伝えしたとおり水分をしっかり摂って熱中症対策をしてくださいね(^^)/

パーソナルトレーナーをしていると、夏はボディラインを気にする人が男女問わず多いです。非常に多いです。

確かに、見た目って大切ですね。仕事でもプライベートでもON・OFF問わず良いカラダをしていると人を惹きつけますし、知り合いのある人事担当者は、自己管理や努力もできる人って判断できると言っていました(^_-)-☆

images imagesS5SAW2LO

うーん、確かに・・・でもまぁ、普通はこんなにならなくても(;^ω^) とは思いますが、良いカラダでいるとプラスなことはありそうですね。

え~、アスリートじゃあるまいし、2020年東京オリンピックを目指してる訳じゃないんだから!!と。。。聞こえてきそうですが。。。

ですが、ムキムキではないにしろ、学生時代には1週間に何時間かあった体育の時間も社会人にはありません。やらされることもなく自主的に、定期的に運動をしている人がどれだけいるでしょうか?ちなみにあなたはどうですか?(^^♪

筋肉はきちんと使ってあげないと、日に日に分解され、細くなっていきます。細くなっていくってことは弱くなっていくってことです。これ本当です!

ちなみに筋肉の代表的な働きにはこんなものがあります。

①身体(骨格)の保持 ②熱(体温)の発生・調節 ③筋ポンプ作用

ムキムキでなくてもこれらは生きている以上、全員に必要なことですよね。普段は意識しないかも知れませんが、人の身体は骨だけじゃ動きません。

特に②と③は大切で、特に女性は男性より筋肉が少なく、クーラーの効いている夏に手足などの末端が冷える人が多いです。冷える筋肉がキュッと収縮して血流もリンパの流れも滞ります。

筋ポンプ作用では、血流の動力である心臓の働きを助けて全身へ血液を行き渡らせて、全身から心臓へ血液を戻す働きやリンパの流れにも大きく影響しています。ご承知かと思いますが、血行不良は病気や死に直結です!血流は本当に大切です。

細かいことは別の機会に紹介しますが、気付いた時から始めることが大切です。仮に20代でも、60代でも筋トレを始めたら、筋肉が大きくなっていく成長比率はほぼ変わらないと言われています。もちろん、何もしてない時間が長いと少しでも負荷がかかると耐えられないかもしれないので、年配になるほど最初はキツイと感じます。

でも、仕事ではもちろん、生活においても健康でいられること、いつまでも自分の足で立てること、自分の力でやりたいことができたり、行きたいところにいけるようにするためには多少の筋トレが必要です。

そうは言っても時間がない!やってはみても続かない!・・わかるなぁ。。。

働きながら、身体のメンテナンスや運動の仕方、健康知識に興味ある方はこちら。