「健康経営」とマッサージ、フィットネスの関係性(五十肩)

最近、質問をいただくことが多かったので、少し書こうと思います。それは、以下のようなものです。。。(´・ω・`)

「よく、マッサージも利用するし、トレーニングもしてる。体を動かすことは普通の人よりできていると思うけど、肩を痛めて五十肩って診断された。。。事務仕事で肩が凝るからでしょうか?」と。。。(/_;)

結論から言うと、これよくあるんです。とくに肩のご相談は。。。身体の中で様々な方向に動くように作られた関節で球関節。その名の通り玉の関節でぐるぐる回せます。この関節があるのが肩関節と股関節です。

いろんな角度に動かせるということは、いろんな方向に筋肉が伸縮するわけなので、たくさんの筋肉が付着しています。その上で、「マッサージも受けるし、トレーニングもしている」人がなぜ五十肩になるのか?かわいそうですが・・・(´・ω・`)

五十肩とは、50代くらいになる人が多いのでそのように付いた名前で、四十肩でもなんでもいいんです。ただの俗称ですから。正式名は「肩関節周囲炎」というもので、そのままですが、肩関節周りに付着している筋肉でもインナーマッスルを中心とした炎症が原因で起きている痛みと考えられています。

肩関節周辺のインナーマッスルを特に回旋筋腱板といい、ローテーターカフともいわれています。

images %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

天使の羽の形をした肩甲骨。背中側の上から棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲骨の内側と肋骨の間にある肩甲下筋の4つを指します。

肩関節周囲炎というくらいなので、どの筋肉に炎症が起きているか?は個人個人異なりますので、「五十肩はこれ!」とかないです。私個人的には五十肩、四十肩を治します!って人はあまり信用してません。

なぜか?インナーマッスルはアプローチが難しく、マッサージレベルで触れるものではないです。マッサージでは、以前にも書きましたが、僧帽筋、や三角筋など、肩回りについている大きな筋肉に影響が大きいです。

また、トレーニングでは、実は筋トレといった重いものを使って行うトレーニングはインナーはほぼ使われず、アウターの筋肉をより使います。そして筋トレは、アウターの損傷と回復を目的として、アウターを筋肥大させることが狙いです。

つまり、マッサージも、筋トレもアウター中心で、インナーマッスルへのアプローチがうまくなされていないケースが多い訳で、「マッサージやトレーニングをしている!」と言われても、あまり関係ないことが多いです。

では、どうすれば良いのか?

マッサージにストレッチの要素をプラスすること!インナーマッスルを外から触れなければ、引き伸ばし動かして、刺激を与えることが効果的です。

自重での運動や、ゆるいゴムチューブを引っ張るような動きをすることで、アウターを刺激せずに運動をするとインナーマッスルを使えます。

肩関節は「球」なので、いろんな方面にむけて動かしてみるとよいと思います。アリーザレクトでは、セルフでケアする方法もご指導しております。詳しくはこちらからHPをごランクださい(^^)/

ちなみに、最近ご相談下さった方で、「医者にブロック注射を勧められたけど、どうでしょう?」と訊かれました。私は医者ではないので非常に答えづらいのですが、個人的な見解ではそれで治ると誤解しないことです。

ブロック注射は神経ブロックなので、痛みを感じさせないように鈍らせる働きです。効果が切れれば痛みは再発します。誤魔化しなので、効果はないように思いますが、2つの可能性を感じます。

1つは、人体が治るのは自然治癒力で、生物の持つ再生力です。そこに向けて痛みを感じずに時間を稼ぐことができるので、痛みを感じない間に治癒されていくことが考えられます。

もう1つは、身体に痛みや違和感があると、無意識にその当たりに力が入ってしまって、より筋肉を硬直させる恐れはあります。回復には血流が必要で、血流を促すには筋肉の弛緩が必須です。つまり、痛みを除くことで余計な緊張を無くし、血流促進させることが回復を早める可能性はあると考えます。

ただ、妄信的にお医者様が言うから!となんでも言われるままにゆだねるのもよくないと思っています。「名医と名患者」の関係は、お互いが克服するために何をすべきかを共有し、任せるのではなく一緒に取組む姿勢を持つことが、早期回復へとつながります。

アリーザレクトでは、一方的に施すのみでなく、関わる人の日常にも役立つ情報をお伝えしております(^^)/

健康経営とフィットネスの関係性②(経済産業省主催セミナー)

前回、経済産業省から出ている「オフィスdeエクササイズ」の情報をお伝えしましたが、ここの流れがしっかりしていて、無料で試すには良いかも知れませんね(^_-)-☆

実はアリーザレクトでもフィットネスを企業内で提供するサービスを展開しておりますが、なかなか奇をてらったように見えるかとも思いましたが、まさか行政でそのような動きになってくるとは・・・(^^;)

ただし、現在無料でお試しできるのは東京都の企業・団体です。これから徐々に広がっていくでしょう。

2

ここにあるように中小企業向けで、東京都と東京商工会議所が連携して行うようで、無料で2~4回ほど試せるそうです。とは言え、まだ中身がよく分かりませんが・・・(;^ω^)

1

内容はこの通りオリエンテーションから講話、ウォーミングアップを通じて本番のエクササイズへ!で、この中身が全部で60分程度とのこと。これに関しては本当によく分かりません。1時間でどんなことが出来るのか?まだ始まったばかりなので、いろんな見直しがあるでしょうが・・・

ただ、非常に賛成できるのが、運動不足あるいは運動から遠ざかっている方へ、急なエクササイズは危険もあるので説明からウォーミングアップを入れて本番へ移る流れです。

アリーザレクトでも最初はオフィス内でマッサージやストレッチを行うボディケア「復」というメニューを導入して頂いてから、身体をつくるボディアクティブ「創」へ移ります。ここでストレッチやヨガなど身体に動きをつけていきます。

適度に身体を動かすことは、自律神経の交感神経を優位にし、頭も目も冴えてきます。そして、職場仲間と役職や性別、年齢関係なく同じ種目にトライすることはコミュニケーションも活性化され、その後の仕事もスムーズに捗ると考えられます。

ちなみに私も東京商工会議所認定の健康経営アドバイザーです。健康経営の必要性、重要性は感じても、何から始めて良いか分からないという声も耳にします。そんな時は是非ご相談ください。

アリーザレクトのHPはこちらから(^^♪

健康経営とフィットネスの関係性(経済産業省主催セミナーで)

次第に全く知らないという人の方が少なくなってきた「健康経営」というフレーズ。アリーザレクトは2016年4月6日に設立しましたが、定款の事業内容の第一に「健康経営」をサポートする事業としております。

たぶん。。。そういった意味あいではパイオニアかと思いますが、最初はなかなか・・・(;^ω^)まず、「健康経営」という言葉の意味から説明しなければいけない苦労がありました。

ですが、これまで地道な活動していた経済産業省、東京商工会議所、協会けんぽ、などなどが本腰を入れて普及活動を始めてくれています。ナイス追い風、ストレスチェック義務化の背景もあるでしょうが、本当にありがたい(^^)/

そんな訳で、私も13日に飯田橋で開催された、「健康経営」実践促進セミナーへ行ってまいりました!が、とにかくすごい人、人、人!満員御礼の600名が入ったそうです!

u

これまでいろんな会に参加してきましたが、今回が一番大きかったなぁ。机が出ない会場なんて・・・ひざ上でメモしてましたから。

今回、自分も驚いたことに受付で迎え入れてくれたポスター!なんと厚生労働省の名が刻まれていました。ん?これまで何かしてたかな?

i

お土産に3枚とも頂いちゃいました(^^)/でも、なんで「データヘルス」って頭に入れたんだろう。。。やっぱり入口は定量的な部分がないと、まだまだ普及させ辛いのかな?

それでも会が始まると、未来において避けられない労働人口減、介護問題、医療費問題、社会保険料の話などから、企業においては投資的側面から考えられるようにと話が出ていました。

病気から死亡までは年齢を重ねると急に早まるという話。次第に悪くなってきてはいるが、ずっとなだらかに下降するわけではなく、ある程度から急に「ドンッ!」って崩れると。

img_6538

そんな中、しっかり運動なども取り入れて、自力で動ける介護いらずの老人になることもできるなんて話もありました。

私がパーソナルトレーナーとして在籍している某大手フィットネスブでは、本当に元気で、私より体力もパワーもあるだろうと思う70歳以上の方がごろごろいます。

img_6542

いつからでも身体は作れます。そう思うからこそ、アリーザレクトでは「ビジネスボディメイク」にBody Active「創」があるのですが、こんな発表がありました~~~(^^;)

fullsizerender

オフィスdeエクササイズ???これまでオフィスではせいぜいラジオ体操くらいのすすめだったはずなのに、「インストラクター」派遣するって、ウチと同じサービスじゃないですか!

私も「健康経営アドバイザー」として、企業への出張マッサージ、訪問フィットネスをより一層すすめていこうと思います。公民一体でやる時代がそこまで来ている。従業員の健康づくり!頑張りましょう!

アリーザレクトのサービスの訪問マッサージ、訪問での運動指導はこちらから確認できます(^_-)-☆

健康経営とマッサージの関係 イベントマッサージ承ります!③

本日もアリーザレクトのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます(^^)

これまで健康経営と肩こりの話をしてきておりますが、病気と健康の間には不定愁訴と言われるものがあるとお伝えしました。その中でも1位が肩こり・腰痛なんです。

2012年サト●製薬の調査では、肩こり・腰痛があると、一人当たり年間約143万円の損出がでると試算されています。計算方法などはここでは割愛させて頂きますが、理にかなっていました。まぁ、有名企業様が発表するくらいですから、適当な訳ないですが・・・

個人的には肩こり・腰痛と他のものを分けるのではなく、肩こり・腰痛は血行不良と痛みと考えた方が良いと思います。肩こりがある人は背中も凝っています。腰痛がある人はお尻が固いです。とにかく主訴だけではないことが多いということは広域に渡って問題ありということです。

さて、腰痛はこれまで書いてきていますので、肩こりについてですが、当然ながら肩甲骨周りに問題があります。肩甲骨はこの骨です。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

この骨は上腕骨と鎖骨(肩甲骨の上の細い骨)のつなぎ目の関節で支えられ、背中では浮いている状態です。関節はそこしかないので、多数の筋肉で支えられるのですが、肩こりに影響が強いと、個人的に感じている部分が肩甲挙筋と菱形筋という2つの筋肉です。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

肩甲挙筋は肩を上げるときに使う筋肉で首からつながっています。菱形筋は両肩甲骨を背中に寄せる時・・・胸を張る感じの時に使う筋肉です。パソコンやスマホを使うと肩を上げたり、腕を前に出して肩甲骨を左右に広げる感じになり、さらにうつむき加減になるので、この2つの筋肉が張ってくるのです。

疲れてくると首を回したり、肩を回したりすると思いますが、まさに、これらの筋肉に動きをつけて伸縮させている訳です。ただ、ここで肩回しと言いながら一生懸命腕を回している人がたくさんいます。

この2つの筋肉に動きをつけるには背中側は肩甲骨の内側、体の前側は鎖骨の胸の付け根から動かす必要があります。理想的な肩回しとはこんな感じです!

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

うーん・・・伝わるのか?これで・・・とにかく胸が前後するくらい体の中央を軸にするつもりで回してください。

あとは、肩の上で気になるところを反対側の手の4本指でグーッと押さえて、抑えている方向に振り向くように首を曲げてみると押さえたところを支点にしたストレッチができます。これも効果的なので試してみてください。

あと、肩甲挙筋には肩をグーッと持ち上げて(すくめる感じ)ストンと落とす。これを数回繰り返し、首をグルグルっと回すと良いです。ただし、首はあまり真後ろに倒しすぎないことを気を付けてください。

なかなか活字だと伝わりにくいところもあります。アリーザレクトでは無料体験や、マッサージイベントでも対応させていただきます。詳しくはこちらから(^_-)-☆

健康経営とマッサージの関係 イベントマッサージ承ります!②

当ブログへお越し頂きありがとうございます。腰痛に続き、肩こりに関して少し書いてみますが、単に肩こり対策ではなく、「健康経営」とマッサージの密接な視点からお伝えしていきます。今回2回目ですが、昨日の投稿もご覧いただけたでしょうか?まだの方はこちらからご覧ください(^^)

前回もお伝えした通り、「健康経営」とは従業員の健康管理を企業が戦略的に実践する経営を言います。今年11月30日を期限として、50名以上の従業員を抱える企業はストレスチェックが義務化されました。

まだ、初年ですしチェック項目も大したことありませんので、行政も企業もまだまだ様子見の段階です。ですが、そもそもストレスチェックの義務化はストレスで「うつ」と診断される働く世代が増加したり、毎年3万人を超える自殺者が一向に減らない、さまざまな背景があります。本来、人命が係る以上、課題への対策は急務なはずですね。

肩こりを持つと、業務効率・パフォーマンスがAve.35%減少するともお伝えしましたが、この解決策に対して意外にも、経済産業省が健康経営オフィスレポートを発し、その中に社内でのリラクゼーションを解決策の一つに示しました。

kennkoukeieiofficereport2

この真ん中タイトルの右上マスですね~。こんなマーク的なものこれまで見たことがありません。また、これの中身については後日触れていきます。

本日は昨日の続きで、「なぜ、強揉みが取り返しのつかないことになるのか?」ここを書かないと今日は終われません。・・・が、ざっくりの説明にします。ですが、伝わるように書きますのでご安心ください!(^_-)-☆

そもそも「肩が凝ってる」と「肩が張ってる」と表現することがありますが、簡単には「コリ」は筋肉が収縮して、ギュッと縮こまって詰まっている感じ。

「張っている」は筋肉が縮む力に逆らって、伸ばされてるが力が入っていたり、例えば空気椅子をやるような、見た目は動きがなくても筋肉を使っている時に、筋肉に張りを覚えます。軽いパンプアップをイメージしてください。

トレーニングなどで筋肉を大きくするためには筋肉を縮めているところから伸ばされる時に筋繊維がダメージを負う訳です。ゴムが縮んでいるのにグーッと引っ張ると弱いところから切れそうになる感じです。

筋肉はダメージを受けると再生する際に成長ホルモンを伴い炎症を起こしながら傷を埋めますが、これまでより強い伸縮に耐えられるように強い筋肉になろうとします。この炎症から筋肉痛が起こります。強く再生された筋肉はより強い弾力を持ち、強化される訳ですね。

では、指圧で「強い揉み」を受けると身体はどうなるのか?を考えてみてください。体外から圧がかかって筋肉に刺激が入ると、やっぱり筋肉は少し身構え、力が入り、傷が入ります。そして再生させるために成長ホルモンを伴いもっと強い体外からの刺激に耐えれるよう、ガードの強く固い筋肉の壁を作ろうとします。この時も筋肉痛に似た痛みが出ますが、揉み返しなどと言われます。

以上から分かる通り、ある程度の心地よく受けられる指圧はもちろんほぐす効果は大きいのですが、点で圧を深く入れるより、引き伸ばすようにストレッチを入れていくことが有効と考えられます。

_-2016_02_06_156 _-2016_02_06_149

強く揉まれないと、ほぐれた気がしない!と言う方!!気のせいです!その考えと強揉みがどんどん肉を固くして、甲羅みたいにしますよ。

また、外からの指圧で届く(ほぐせる)のは基本的にアウターという外側の大きな筋肉ですが、ストレッチは関節から引っ張るので、指の届かないインナーマッスルにもアプローチが可能です。

好みはあるかと思いますが、経験上、おそらく事実です。

アリーザレクトのセラピストは全員ストレッチも大の得意分野です。導入を検討されている企業様は無料体験もありますし、イベントマッサージなどお試しも可能です。詳しくはお問合せください。

 

健康経営とマッサージの関係 イベントマッサージ承ります!

こんにちは!(^^)/ アリーザレクト代表の上久保です。パーソナルトレーナーでもありますが、本日は整体師の目線から投稿です。

ようやく少しずつですが、「健康経営」という言葉も認知されてきました。とは言え、この言葉はNPO法人健康経営研究会の登録商標なので、私としても使わせて頂いている訳ですが・・・それでもアリーザレクトは「健康経営」をサポートする!が事業目的のNO.1なので、言葉が浸透するだけでも嬉しく思うわけです(^_-)-☆

%e6%97%a5%e5%88%8a%e5%b7%a5%e6%a5%ad%e6%96%b0%e8%81%9e

新聞によっては一面ですね(^_^)v 徐々に意識せざるを得ない状況になってほしいと思います。

なぜか?「健康経営」とは従業員の健康管理を企業が戦略的に実践する経営のことです。健康診断はあっても、健診結果が悪い時に、自己責任として会社はほったらかしにすること多くないですか?

従業員は会社の都合で勤務時間を決められ、フレックスとは言え会社のシフト都合で時間を決められ、お給料を頂いているんだから・・・と、やっぱり会社都合ですよね。でも、労働力を提供しているんだから本来はイーブンですし、最高のパフォーマンスを発揮できる状態を保つことを真剣に考えることは、お互いにとって良いことなはずです。

でも、これまで企業は、法律で定められたことはやるけど、それ以上は個人の問題とし、あまり気にかけないできた会社が非常に多いんです。ですから、追い詰められた従業員はメンタルを病んで、今年からストレスチェックが義務化されたと・・・こんな流れな訳ですね。

病気と健康の間にある不定愁訴。これは、病名はつかないけど、何となく調子が上がらない・・・こんな状態お総称です。例えば、肩こりや腰痛、アレルギーや花粉症、けん怠感・・・などなど。

色々ある中で、不定愁訴といわれるトップが肩こりなんです!これがあると仕事の35%が失われると言われており、出勤していてもはかどらない、効率が上がらないという状態。プレゼンティーイズムと言われています。だったら肩こりを取りましょう(^^ゞ

_2016_02-_06_201

肩こりの方は非常に多いですが、整体師としての注意があります。

それは、「強揉み」を希望する人です。一時的に気持ちいいのはわかるのですが、これをやってしまうと、自分の身体が取り返しのつかない状態になってしまいます。

私も整体師として、これまで何千体?というカラダに触れてきましたが、「強揉み」を希望する人は、正直言って「凝っている」のとはちょっと違うと考えています。では何だ?と思うかと思いますが、この辺は次回から書いていきますね。

腰痛は?と思われるかたは過去の投稿をご覧ください。

アリーザレクトのHPから「健康経営」についてご覧いただけます(^_^)v

腰痛への秘技!その⑤ オリジナルアプローチ術をお教えします(^^)

これまで腰痛に関して書いてきましたが、今回で最終回です。細かいことは色々とありますが、まずは①から今回の⑤までで十分原因と対策を考えられると思います(^^)/

腰痛が出やすい原因にはさまざま筋肉ごとの問題と神経の関係で、骨にも考えを巡らせましたが、シンプルにおなかと背中と考えてみると、身体を起こすことにおいて背中だけの筋肉を使いがちになってしまうことが多いです。

表と裏は、腕や脚でも拮抗関係というものがあり、どちらかに力が入る(緊張状態)が起こると、その反対側が緩む(のびる)という感じです。

腰をグンッと起こす際には、手のひら一枚の反りが入るのが通常なので、そのカーブに沿って、腰の筋肉が収縮しますが、大抵の場合、おなかの筋肉(腹筋軍)が緩んでしまうという考えです。

腰に力が入って固まるから痛みが出たりするのであれば、あえて身体をおこすのを腹筋を使って起こせば、腰や背中が緩んだ状態でも身体を上に引き延ばすことが出来ます。

ただ、腹筋というと、おなかを前かがみになるような丸め込む感じでトレーニングを意識する人が多いと思うので、おなかに力を入れてしまうと、前に曲がってしまい、背筋を伸ばす感覚が生まれないかも知れません。

そこで、イメージはいわゆるシックスパックの腹直筋ではなく、インナーの体幹を支える筋肉を意識します。それは呼吸において、大きく息を吸って、吐きながらおなかをみぞおちの方へ引き上げ、横腹もそこに向けて集める感覚です。そうすると、そのままみぞおちから上へ上へと身体をおこす感じに引き上げて、重力に逆らう感覚を持ちます。

少し前にロングブレスダイエットって流行りましたが、あそこまで呼気と同時に力が入り過ぎることが無いようにしましょう。力を入れてしまうと自然にそれをキープできなくなります。息を吐いたとたんに崩れる姿勢ではダメです。

それをキープするにはインナー的な筋力、空気椅子のように動かないけど筋肉は働いているといったような運動・・・アイソメトリックと言いますが、そんな筋肉の鍛え方が必要です。

その鍛え方のおすすめを2つほど(^_-)-☆

まずは【フロントブリッジ】

images

この姿勢で60秒ほどキープできるように目指しましょう。もちろん最初は20秒くらいからで良いですよ。

次に【トゥータッチ】

lying-toe-touch-keep-e1460352440215

起き上がる腹筋運動は、実は前回お話しした腰と脚をつなぐ腸腰筋が鍛えられることが多く、正しいの腹筋運動とは、腹筋を縦に潰すように動かすことで、伸ばし縮みができるというわけです。

腹筋を強くすることが、腰痛を出さない身体の使い方ができる最良の方法かもしれません。

アリーザレクトでは、Body care復の時間に、個別で体幹トレや加圧トレを実施することも可能です。

詳細はアリーザレクトのホームページからお問合せ下さい(^^ゞ