加圧トレーニングの効果

企業向けに、訪問型マッサージ・訪問型フィットネスを提案しておりますが、マッサージや整体はもちろん1対1で行います。フィットネスはインストラクターの指導の下、複数名で一斉に実施します。

これまで運動から遠ざかっている方にとって、急にフィットネスにチャレンジしても、辛いものになるかも知れません(^^;)

モノには順序が必要で、例えば病気で食欲が落ち、痩せてしまった人が少し回復してきたからといって、体力つけるためにガッツリ肉を食べよう!なんて勧めても、とても受けつけられないでしょう。

まずはおもゆ、お粥といった消化の良いものを食べて、胃腸を慣らしてから、少しずつ栄養を上げていくことが大切です。

身体づくりも一緒で、運動から何年も遠ざかった人にとっては、生活レベルでの活動を超えたものは、身体にとって負担が大きいのです。ちょっとしたことで肉離れや捻挫、関節痛、筋肉痛などをおこします。

でも、昔やったことある!とかで、以前のように動けるはずと張り切ってやると、事故に繋がります。マラソンをしたい方はまずは入念な準備運動をして、ウォーキングから始めなければなりません。

写真 (6)

運動には、激しいスポーツもあれば、ゆったりしたものもありますが、いずれにしても動くにはある程度の筋力(筋肉)が必要です。

私も運動から15年程離れていたので、改めて身体づくりを始めるにあたって、妻からの助言もあり加圧トレーニングを取り入れました。

加圧トレーニングは著名人でタレントのヒロミさんや藤原紀香さんがやられていると有名ですが、イメージでは腕や脚を縛って血流コントロールすることで、ウエイトトレーニング程の辛い、苦しい思いをしないで、楽々鍛えられると思っていました。

実際やってみると、ちゃんとやるととてもキツイ、痛いトレーニング・・・(;^ω^)・・・って言ったら皆さんやりたくないか。

でも本音で、よく加圧トレーニング店などの写真でスリムな女性がニコニコ余裕な顔してやれるものではありません。

それでも自分は開始から3か月程で非常に効果を感じ、これは知り合いにも教えてあげたい!なんて思って・・・まさかのトレーナーになってしまいました。

加圧ベルト

加圧トレーニングは非常に良い効果がたくさんありますが、色々と書かれているものも多いですが、ポイントは3つの凄さがあります。

1、血管の弾力が蘇る!

これに関しては目に見えるものではないですが、血液を血管内にプールさせてトレーニングを行うので、血管が血で膨らんだり、しぼんだりします。そうすると血管の内壁についた血中脂肪や血栓なども剥がれ、血管に弾力がでて強くなります。

最近では脳や心臓の病気が多く、血管のトラブルが原因です。なかなか血管を鍛えることなんてできません。血管年齢というものもあります。見えないものだからこそ予防が必要です。

2、成長ホルモンの大量分泌

加圧本部の発表では通常時の290倍なんて言われてますが、その数値がどうかは別として、たくさん出ることは間違いないことです。25歳くらいを過ぎると、寝ている時くらいしか成長ホルモンは分泌されません。

成長ホルモンは体内の3大栄養素の分解や代謝を助けたり、脂肪を燃焼させる効果や組織の再生を早めます。ケガなども回復が早いので、リハビリなどでもよくつかわれています。

3.速筋と遅筋の両方を1度に鍛えられる

速筋とは瞬発筋のことで、魚でいうところの白身的な筋肉をさし、鯛やヒラメのようにじっとしていても、危険が迫るとビュッと逃げるスピードは短距離ランナーのような筋肉です。

逆に遅筋というのは赤身で例えられ、マグロやカツオのような回遊魚の長時間ゆったりと動き続けるマラソンランナーのような筋肉です。通常これらば別のトレーニングを必要としますが、1度に鍛えられるのが加圧の特長です。

血流をコントロールしながら行う加圧トレーニングはウエイトトレーニングのような重いものは使わず、軽いものでも重いものを持ってる感覚になるように脳をだまして鍛えるトレーニングです。

これだけがすべてではないでしょうが、うまく取り入れながらやれれば、すごく早く動ける身体づくりができますよ。

お試しになりたい方はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です